不要なバイクは専門業者に高価買取りしてもらう事をおすすめ致します!

最終更新日:2018年11月22日

不動車だからといってバイク買取しないのは損してます

バイクのユニット

昔乗っていたバイクを買取に出したいけれど、もうエンジンもかからない不動車だからと諦めている人がいます。実にもったいないことです。バイクの価値は不動車であってもなくなることはありません。
エンジンがかからない原因は、そのバイクの保管状況や年式など、さまざまな原因が考えられます。素人ではその原因を完全に特定するのは難しいのです。そこですぐにバイク屋に持って行き、直せればいいのですが、そうはいかないことがあります。バイクへの情熱が冷めてしまったり、仕事が忙しくて後回しにしていると、バイクは不動車のままガレージの奥に置きっぱなしになってしまうでしょう。
そんなバイクでも買取に出すべきなのです。ちゃんとしたバイク屋や、買取業者ならば処分費用もかからないですし、バイクによっては値が付くこともあります。エンジンがかからない原因が、些細なことだったら、高値買取も期待できるのです。
エンジンがかからない原因の中で、もっともダメージが大きいのはピストンの抱きつきです。ですが、抱きつきは走行中に停止するような末期的状態なので、自宅まで走ってきたようなバイクでしたら可能性は薄いです。抱きつきがないエンジンでしたら、そのバイクはちょっとした掃除やパーツの交換で息を吹き返すでしょう。
ただ、年式の古いバイクだと、そのパーツが出回ってないことがあります。ネットなどで検索すれば、さまざまなバイクのパーツが流通していますが、基本的に廃盤となったパーツはメーカーは生産しません。メカニックの知識があれば、似たようなパーツを探し出して付けることが出来ますが、それはもうレストアの世界です。
逆に言えば、エンジンのかからなくなったバイクでも、パーツ取りとして価値があるといえます。長年手を入れながら乗っているバイクは、誰しも手放しがたいものです。全国のどこかで同じように不動車になっている、同じ年式の同じバイクがあるはずです。そのオーナーも「パーツがあればなあ」と嘆いているかもしれません。たとえ不動車になったバイクでも、そのような同じ環境にいる人には価値があるものなのです。
バイクの価値は、新しさや性能だけではありません。長年積み重なった愛着は、現金以上の価値をもつものです。もし、不動車となって置きっぱなしになっているバイクがあるなら、買取査定に出して見ましょう。そのバイクの価値を知っている人にわたるのが、そのバイクにとっても幸せであるといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

当サイトおすすめバイク買取業者
バイクワン
バイクメーカー
【国産メーカー】
ホンダ
ヤマハ
カワサキ
スズキ

【海外メーカー】
ハーレーダビッドソン
BMW
ドゥカティ
KTM
ベスパ
トランアンフ
アプリリア
SYM
ピアジオ
キムコ
ビュエール
バイクモデル

ネイキッド
ストリートファイター
スーパースポーツ
メガスポーツ
ツアラー
アメリカン
ストリートバイク
オールドルック
ビッグスクーター

バイクワン