不要なバイクは専門業者に高価買取りしてもらう事をおすすめ致します!

最終更新日:2018年12月16日

バイク買取の査定基準に関わる走行距離と年式

バイクのメーター

車買取などでは、総じて走行距離が重視される傾向があります。それは価格を大きく左右するポイントの1つになるのです。

そもそも車というのは、やはり状態などが重視される傾向があります。一般的に使用感がある車などは、どうしても価値が低いと見なされてしまう傾向はあるのです。
走行距離が長くなって車などは、ある程度の傷などが付いている事も珍しくありません。いわゆる飛び石などの痕跡が、車のあちらこちらに付いている事もあるでしょう。それは、買取価格を下げてしまう要因になるのです。

全く同じ事はバイク買取にも言えます。やはり走行距離がある程度重なっていない時に、買取を行う方が良いのです。
ちなみにバイク買取のお店によっては、WEBで査定を受け付けてくれます。ただその際に、バイクに関する情報を入力する必要があるのです。メーカー名などの詳細情報を入力する訳ですが、走行距離も入力内容の1つになります。

わざわざお店に対して走行距離という情報を送信する訳ですから、少なくともバイク買取のお店としては、それを査定基準の1つにしている事だけは明らかです。ですからバイク買取を行いたいと思うなら、やはり走行距離が少ない内に査定を受けておく方が良いでしょう。

それと、もう1つ大事なのは年式です。当然バイクには、様々な年式があります。5年落ちのバイクもあれば、10年落ちなど様々な二輪車があるでしょう。

それで年式が重なったバイクの場合は、やはり使用感がある事は明らかです。それだけに年式が古くなってしまいますと、どうしてもバイク買取の価格も下がってしまう訳です。
ちなみにバイク買取のお店によっては、年式がある程度経過している時などは、ゼロ円査定になってしまう事さえあるのです。年式というのは、それぐらいバイク買取の価格を左右する傾向があります。

つまりバイク買取を行うなら、できる限り早めの方が良いのです。バイクによっては、年式が重なることによって、数十万ほど査定額が下がる事もあります。「早めの査定」が望ましいでしょう。
ちなみに、たまに例外的なパターンもあります。特殊なバイクの場合は、年式が重なる方が査定額が上昇する事例も、ごく稀にあるのです。そういうバイクの場合は、あまり急がない方が良いでしょう。
しかし、そういうバイクは殆ど見かけません。基本的には経過年数と共に買取価格は下がりますから、やはり早めに査定を受ける方が無難ではあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

当サイトおすすめバイク買取業者
バイクワン
バイクメーカー
【国産メーカー】
ホンダ
ヤマハ
カワサキ
スズキ

【海外メーカー】
ハーレーダビッドソン
BMW
ドゥカティ
KTM
ベスパ
トランアンフ
アプリリア
SYM
ピアジオ
キムコ
ビュエール
バイクモデル

ネイキッド
ストリートファイター
スーパースポーツ
メガスポーツ
ツアラー
アメリカン
ストリートバイク
オールドルック
ビッグスクーター

バイクワン