不要なバイクは専門業者に高価買取りしてもらう事をおすすめ致します!

最終更新日:2018年11月22日

バイク買取における査定基準と改造の有無

雲に円マーク

バイクというのは、よくチューンナップが行われます。基本的にその二輪車は、改造が行われるのが当たり前という風潮もあるのです。チューンナップをすれば、走りも良くなるでしょう。

また、もちろん見た目の問題もあります。できる限り格好良い見た目にする為に、バイクに対する改造が検討される事もあるでしょう。

このような改造は、実はバイクの買取価格にも関わってきます。結論を申し上げると、改造した時には元の状態に戻す方が無難な傾向があるのです。なぜなら、それは買い取り価格を下げてしまう要因になるからです。
そもそもバイクの買取を行うお店としては、純正な状態かどうかを確認する傾向があります。バイクのパーツにしても、純正品と社外品があるでしょう。そして買取店としては、どうしても前者のような品物を高く評価する傾向があるのです。ですから改造が行われてしまったバイクの場合は、ちょっと価格が下がってしまうパターンが目立ちます。

思えば、それも一般車などは同様なのです。一般車などは、たまにディーラーに対する下取りが検討されているでしょう。新車を購入するので、今まで持っていた車を下取りするという話は、非常に多いです。
ディーラー店としても、やはり改造車などは敬遠する傾向があるのです。お店によっては、改造車の査定額をゼロ円と算出する事さえあります。
さすがにバイクの場合は、査定額がゼロ円というパターンは極めて稀です。もともとチューンナップが行われる事が多い二輪車だけに、そこまで極端に価格は下がりません。それでも下がってしまう事は多いので、要注意です。

たまに例外もあります。そもそもバイクの改造によっては、かなり性能が高まる事もあるのです。上記でも触れた走りなどは、その1つなのです。

それでバイク買取のお店としては、やはり性能も査定基準の1つだと考えています。ですから改造によって買取価格が高まる事例も、たまにあるのです。

しかし、事例は多くはありません。全体的な傾向を見る限り、やはり改造が行われたバイクは、総じて価格が下がる傾向はあるのです。

ちなみに一旦バイクに対して改造を行ったしても、元に戻すことは可能でしょう。自力でバイクの改造を行った時などは、原型に戻すことは不可能ではありません。
改造の内容によっては、ノーマルな状態に戻すのに、それほど時間がかからない事もあります。それでバイク買取の価格が上がる可能性もある訳ですから、できる限りノーマルにする方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

当サイトおすすめバイク買取業者
バイクワン
バイクメーカー
【国産メーカー】
ホンダ
ヤマハ
カワサキ
スズキ

【海外メーカー】
ハーレーダビッドソン
BMW
ドゥカティ
KTM
ベスパ
トランアンフ
アプリリア
SYM
ピアジオ
キムコ
ビュエール
バイクモデル

ネイキッド
ストリートファイター
スーパースポーツ
メガスポーツ
ツアラー
アメリカン
ストリートバイク
オールドルック
ビッグスクーター

バイクワン